急増する映像関係の求人

  • アニメーションの映像制作について

    • アニメーションの映像制作については実写映像に比較して時間がかかるということがあげられます。

      アニメーションの映像制作では2次元のパラパラマンガのような作成方法や3次元CGを使った作成方法、クレイアニメーションのように1つ1つの動きを少しずつ変えてコマ撮りして行く方法や実写映像とエフェクトやCGを合成して行く方法などがあります。


      3次元CGなどを使った方法ではまず企画が立てられストーリーが作られたり題材がとりあげられたりします。



      それからストーリー展開においては絵コンテなどが描かれたりソフトを使ってキーとなる場面を設定して行きます。

      この日本経済新聞情報サイトを使用する機会が増えています。

      マンガの原画にあたるものはモデリングという作業によって始められます。

      それに表面の色や肌ざわりのようなテクスチャーを設定して行きます。

      関節を伴った骨組みをキャラクターなどに埋め込んで設定します。
      時間軸にそった動きを決めて照明やカメラを設定します。
      その他にも波や霧、炎、爆発その他の効果も加えます。そしてレンダリングしてから編集作業を行いタイトル、音楽やナレーション、つなぎ、エンドロール、特殊効果などを加えて最終工程へと進みます。



      レンダリングにおいては細密な内容のものであるほど1枚1枚の画像を描くのに時間がかかります。

      1秒間に24枚の画像を描くことになりますので長編のものになると多くのパソコンを使って分散してレンダリングを行い2年から3年かかることもあるとされています。
      映像制作は分野も広くて奥行の深いことがわかります。

top